注文住宅の需要

レディ

今後の建築業界と生き残りをかけた競争

現在住宅業界は大変厳しく当然注文住宅の需要も年々落ち込み傾向にあります。とはいえ注文住宅の建築だけを見た場合2014年は前年比で平均購入価格が伸びていることがあります。3,000万円を超える建築費を支払った人の割合も増えているなど良いものにはお金をかける傾向もみられています。そのため、人口減少や高齢化により新築の需要は減少することが予測されています。更に現在では空き家問題などもあり政府としても今後こちらの解決に向け力がそそがれることも予測されます。そうなると新築住宅はますます販売戸数が減少しより顧客獲得競争が激化します。さらに顧客側もインターネットなどの普及によりより正確な情報をより多くより簡単に得ることができるようになりました。建築会社を見極める目もより肥えたものとなってきているのです。

失敗しない家づくりのためには

建築会社を選択する際に何を重視して選択しますか。注文住宅の場合住宅に求めるものも顧客によって全く異なり良い住宅というのも顧客によって異なります。ですからどの建築会社がよいと一概に言い切ることができないのです。更に注文住宅といっても一からすべて設計するフルオーダー型とある程度の仕様や決まりが決められていてその中から選択するセミオーダー型の建築会社があります。どちらにもメリットもデメリットも存在します。この入口の選択を間違えると家づくりを満足のいくものにすることは難しくなります。更に一度契約をしてしまうと解約するのにも費用が必要となり結果無駄な費用を支出してしまうこともあります。誰しも家づくりは初めての経験です。知らなくて当然なのです。しっかりと建築会社の人や専門家に不明点を尋ね納得してから選択する必要があります。